テーマ:時計

お待たせ致しました!

店舗移転で大変ご迷惑をお掛けしておりましたが、新店舗での営業を12/25より開始することになりました。 小さな小さなお店ですが、砂時計がぎっしり詰まった、楽しくてかわいいお店が出来上がりました。 より一層、皆さまに可愛がっていただける店になるよう、努力していきます! これまでサブリエを支えてきていただいた方はもちろん、行っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

砂時計展in仁摩サンドミュージアム

まあまあ、随分と久しぶりのブログ更新になってしまいました。 昨年の10月に店舗を一時休止し、webのみでの販売となっており、たくさんの方にご迷惑をお掛けしております。本当に申し訳ございません。 店舗の移転先につきましては、順調に準備を進めております。 もう少しで移転先のご案内も出来るかと思いますので、どうぞお待ちくださいま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

沖縄の砂の砂時計

お客様からの特注で、沖縄の砂を使った砂時計を作りました。 沖縄で結婚式を挙げたご夫婦に、サプライズでプレゼントされるのだそうです。 結婚式に参列された時に、こっそりと砂を持ち帰られたのですねー。 ご結婚のお祝いって、何をあげたらいいか悩みますよね。 何か記念になるものをという方には、砂時計、おすすめですよ^^ 結婚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深イイ話で紹介された砂時計、ありますよ。

今夜(8/20)放送された、日本テレビの「深イイ話」、見ましたか? 砂時計職人の金子實さんが紹介されてました~。 金子さんはサブリエ・ド・ヴェリエのほとんどの商品を作ってくださっている砂時計職人です。 日本に砂時計職人はこの金子實さんと、弟の治郎さんのふたりだけなんですよ。 うちの商品はこのおふたりに作っていただいて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は時の記念日。

今日6/10は時の記念日です。 西暦671年の6月10日に、天智天皇が漏刻(水時計)を設置し、鐘を鳴らして時を知らせたのだそうです。 時計の歴史は、調べてみるとなかなかおもしろいです。 日時計から始まって、火時計、水時計、そして砂時計。 火時計は、物が燃える量や長さで時を計ります。今も使われている蚊取り線香は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エジプトの砂の砂時計。

ゴールデンウィークもあと2日になってしまいましたねー。 みなさん、お出かけしましたか? 旅行に行かれた方も多いのではないでしょうか。 写真はエジプトの砂を使った砂時計です。 ロイヤルブルーの砂に、エジプトの砂漠の砂をブレンドして制作したものです。 ガラスの表面にはエジプトイメージのグラスリッツェンもほどこされて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卒業記念の砂時計

2月に入り、そろそろ卒業シーズンです。 毎年この時期にご注文いただいている、安城学園野球部の卒業記念砂時計を制作しています。 これは砂時計にくっつける野球ボールのパーツです。 直径1センチくらいの野球ボール。1個1個、私が手づくりしてます。 砂時計の柱はバットのかたち。これは木工職人の今枝さん作。 そしてメインの砂時計は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマス砂時計。

だいぶ寒くなってきて、街にもクリスマスツリーが目につくようになりました。 あと1ヶ月でクリスマスですねー。 毎年クリスマスの頃にクリスマスバージョンの砂時計を職人が作ってくれてます。 今年はお手軽価格のかわいらしい砂時計を作りましたよ。 砂にキラキラするラメが入った、ロマンティックな砂時計。天板にも雪の結晶の模様を入れま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第15回砂時計展。

第15回砂時計展「15回も、覚王山で。」が始まりました。 いやあ、15回です。もうそろそろネタ切れでしょう、と思いきや、今回も力作揃いです。 今回は45名の作り手が参加しています。素材も金属、木、紙、布、樹脂、粘土など様々。 金子硝子さんによる砂時計本体を、いろんなデザインでフレームを付けて砂時計に仕上げています。 ひょ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

砂時計展in東京

5/3から東京は葛飾で砂時計展を開催しています。 場所は砂時計職人・金子實さんの工房のすぐ近くのビストロ ル・デ・セリジェさんです。 昨日の初日はオープンからすごくたくさんの方にご来場いただき、大混雑でした。 名古屋からもたくさんの方にご来場いただきました。ありがとうございます。。。 今回は名古屋と東京の作り手による創作砂時…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

砂時計展in仁摩サンドミュージアム

4/22から5/22まで、島根県大田市・仁摩サンドミュージアムにて砂時計展を開催してます! 1年計砂時計があることで有名なミュージアムですが、今年は創立20周年ということでいろんな催しが行われます。 そのひとつのイベントとして、砂時計展をやってます。 今回は2010年MITSUBISHI CHEMIAL JUNIOR DESI…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

グランドの砂の砂時計。

このところ、ちょっと暖かい日が続いています。春になっていくんだなあ。 この時期は卒業式シーズンでもあります。 卒業の記念に砂時計を作られる方も多く、毎年いろんなオーダーをいただきます。 写真の砂時計は、ある高校の野球部の父母会の方々からのご注文で制作した、学校のグランドの砂を使った砂時計です。 3年間の汗や涙がしみたグラ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

第14回砂時計展、始まりました!

さあさあ、毎年恒例のサブリエ祭り「砂時計展」が始まりました~~。 今年も力作が揃ってますよ~。 写真は今回初参加の、高松にある「ジュエリー倶楽部murakami」さんの出品作。 なんとダイヤモンド砂時計です!!! 中の砂は全部天然のダイヤモンド。 ゴージャスぅー。 写真ではうまくわからないかもしれませんが、キラキラと輝く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京駅に「10 minutes for you」オープン!!

10/19、東京駅の八重洲南口に、「10 minutes for you」というお店がオープンしました!! すごく素敵なギフトショップです。 いろんなスイーツが売られていて、ユニクロも入ってます。 そして、なんと、砂時計も販売されています~。 「10 minutes for you」  http://www.kiosk.co…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

砂時計展始まりました!

第13回砂時計展「現在・過去・未来」が始まりました!! 今年も力作が揃ってます。 もう13回になるのですが、出品者のみなさんの尽きないアイデアに驚かされます。 今回は34名の作家が参加していて、作品数は約200点!サブリエが砂時計であふれています。 砂時計職人の金子實さんの作品。1~5分の砂時計が並んでいます。木枠を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

砂時計展in仁摩サンドミュージアム

島根県太田市にある「仁摩サンドミュージアム」で、砂時計展が始まりました。 今回は80点の作品を展示しています。 今回の目玉は、砂時計職人・金子實さんと造形作家の高藤有示さん制作の星空の砂時計(3時間計)です。 天の川のように星が浮かび上がる砂時計が、重厚なクラシカルなテイストの鉄のフレームにおさまっていて、サンドミュージア…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

星空の砂時計。

先日、お客様のご注文で作った「星空の砂時計」です。 ちょっと紫がかった濃紺の砂に、キラキラ光るゴールドやグリーンや、いろんな色の砂が混じっています。 粒の大きさや比重が違うため、完全には混じり合わずに、まるで天の川のように星々が浮かび上がります。 本当に綺麗で、時間を忘れて見つめてしまいます。(忘れても大丈夫。5分計なのです。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

仁摩サンドミュージアム

今年のゴールデンウィークに、島根県の「仁摩サンドミュージアム」にて砂時計展をすることになりました。久しぶりの仁摩です。 去年までのコミック、ドラマ、映画の「砂時計」ブームも一段落のようです。 ドラマや映画のロケ地でもあったので、たくさんのファンの方がミュージアムに来館され、大賑わいだったそうです。 本当に仁摩町はいい所で、私も…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

砂時計展始まりました。

第12回砂時計展「きらきら」が始まりました。今年も力作が100点以上集まりました。 今年のタイトル「きらきら」にちなんで、光輝く作品が目立ちます。 落ちた砂が白い光に浮かび上がる中島和弘さんの作品や、ドラゴンがあしらわれた壁掛け砂時計の屑鉄工房さんの作品、布袋様がキハダマグロを釣り上げる長谷川昌之さんの作品など、見応え十分の作品…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

天使の砂時計。

お客様のオーダーでお作りした、天使の砂時計です。 天使好きな方への贈り物にオーダーされ、ご依頼者と一緒にデザインを考えた砂時計です。 くびれの部分にガラスの羽根を付けて、中の砂はガーネットサンドと白砂のミックスにしました。 大人っぽくて綺麗な作品に仕上がり、ご依頼者にも喜んで頂けました。 砂時計職人の金子さんに感謝です。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

砂時計展、開催中。

今、行われている第11回砂時計展の様子です。砂時計展の看板3巨頭の作品をご覧ください。 真ん中にある鉄の作品は、金属造形作家の高藤有示さんの作品。個性的な砂時計本体の形をモチーフに、きのこのような、植物のような鉄の造形が楽しいです。迫力ある、大きな作品になりました。 その右側にあるのは木工作家の中野孝徳さんの作品。(写真が小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第11回砂時計展始まりました。

毎年恒例の砂時計展が始まりました。今年は43人のアーティストが参加してくださり、作品数も160点も集まりました!! 今年でもう11回を迎える砂時計展ですが、まだまだ加速中です。すごい。 今回は金沢にあるギャラリー「おんこぽんこ」さんのご協力で、金沢の作家さんも多数参加してくださっています。水引きや加賀友禅を使った作品など、金沢な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地球のイメージの砂時計。

またまたお客様の特注で砂時計を作りました。そのオーダーとは、「地球のイメージで、20分計を。」というもの。 そして出来上がったのがこの砂時計です。 「海の青」と「緑の大地」を表わす2色の砂をマーブルになるように混ぜてみました。木枠は広大な大地、アフリカ原産のパドウク材を使って。 思った以上の美しい砂時計に仕上がって、お客様もすごく…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

体内時計

あるお客様からの特注で、写真の砂時計を作りました。6個のカラフルな砂時計が木わくに納まっていて、メリーゴーラウンドみたいなかわいい砂時計になりました。 昨日お客様にこの砂時計をお渡しした時に、「このデザインはどんな意図で考えられたのですか?」と聞いてみました。すると「体内時計です。」というお答え。??? 体内時計って、時計を見な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「さようなら」をしたそのときから、もう「まちあわせ」ははじまってる展

今日からドン・カ・ジョンさん作品展、「さようなら」をしたそのときから、もう「まちあわせ」ははじまってる展が始まりました。 今回の作品展は、「待ち合わせ」をテーマにしたたくさんの作品が展示されています。 ほとんどの作品に時計(砂時計もあります)が付いているため、店内は「チクタク」の洪水です。たくさんの「チクタク」が重なると、それが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ばあちゃんの砂時計。

2007年になりました。今年も頑張ろう。 私には、今年96才になる亥年の祖母がいます。明治生まれの年女です。 私は共働きの両親のもとで育ったので、ばあちゃんは私にとって母親のような存在でした。 いつも凛として気位の高い、頭の良い人です。 このばあちゃん、すごいのです。 ばあちゃんは、ずっと心臓病を患っていて、いつも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

歯みがきタイマー。

sサブリエ・ド・ヴェリエオリジナル、「歯みがきタイマー」を作りました! 歯ブラシと砂時計のセットです。(Sablier de Verrierのロゴ入り・¥1500) 忙しい毎日、ついつい歯みがきもちゃちゃっと済ませてしまいがち。でも歯の健康のために、砂時計が落ちるまでキチンと磨きましょー。 歯みがきタイマーはブルー、レッド…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

砂時計展作品その1

今、開催中の「砂時計展」から、作品を紹介します。 まずは中島和弘さんの作品。中島さんは毎年参加して頂いている造形作家で、砂時計展の看板作家でもあります。 中島さんの作品のすごい所は、砂時計本体も自分で創ってしまう事。ステンドグラスの技法で、今回は多面体の砂時計です。 中に使われている砂はガーネットサンドという自然砂を中心にブレ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第10回砂時計展、始まりました。

1年に1回の楽しい企画展、「砂時計展」が始まりました!! 今回は約30人の作家が参加してくださっていて、約100点の砂時計作品が集まりました。 「砂時計展」とは、金子硝子工芸の金子實さんによる「ひょうたん型」の砂時計本体に、様々な作家が様々な素材でデザインされたフレームをつけて砂時計を作り、見て触って楽しむサブリエ・ド・ヴェリエ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

金の斧

よくお金を拾う。 道に落ちているのを拾う事は殆ど無いのだけれど、それ以外の場所で、本当によく拾う、というか見つける。 例えば今日。月末で混雑している銀行のキャッシュコーナーの列に並んでいた。ディスペンサーは6台あって、その前には長蛇の列。私は3万円おろそうと思ってじっと並んでいた。やっと私の番になってディスペンサーに向かうと、も…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more