カフェ話

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日は時の記念日。

<<   作成日時 : 2012/06/10 14:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今日6/10は時の記念日です。
西暦671年の6月10日に、天智天皇が漏刻(水時計)を設置し、鐘を鳴らして時を知らせたのだそうです。


時計の歴史は、調べてみるとなかなかおもしろいです。
日時計から始まって、火時計、水時計、そして砂時計。


火時計は、物が燃える量や長さで時を計ります。今も使われている蚊取り線香は、1巻きが燃え尽きる長さが睡眠時間の平均である7時間になってるそうです。お香をタイマー代わりに使うのもオツだなあ。現代の暮らしに取り入れてみるのもいいかも。

水時計は、水が容器から容器へ流れる時間で計る時計。でも水が凍ってしまったり蒸発したりと、ちょっと不便だったよう。

そこで使われだしたのが砂時計。砂時計が時計だった時代は、意外に長いのですよ。携帯にも便利でメンテナンスが不要だったため、遠洋に出る船で使われていたそう。
砂時計って、上下にガラスの部屋がありますが、密封されたこのガラスには砂と空気が入ってます。
上のガラス部分を温めると、上の部屋の空気が膨張して砂が早く落ちます。逆に下の部屋を温めると砂が落ちにくくなります。
これに気づいた船員が、見張りの交代時間を早くするために、砂時計の上の部分を手で温めて早く時間を進めていた、という逸話もあります。なんだかクスッと笑っちゃう話。

また砂時計の発明により、時間を区切るという事が出来るようになり、これが「時給」を生み、労働法も改正されたとか。

現在の時計につながる機械式時計が出来たのは1300年頃。以外と最近(?)なのです。
今は電波修正時計やGPS時計など、すごーく正確に時を告げてくれるようになりましたねー。


超アナログな砂時計。
これをぼーっと見つめながら、昔の人たちの暮らしを想像したりするのも楽しいです。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日は時の記念日。 カフェ話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる